男性型脱毛症の改善法について

男性の抜け毛、薄毛は正式には、男性型脱毛症と呼ばれています。父親の髪の毛を見れば、将来自分がどのような髪型になるの想像できますが、諦めきれないのが本音だと思います。とりわけ日本人は、禿げ頭を面白おかしく取り上げる傾向にもありますし、抜け毛や薄毛に敏感です。

当サイトでは、男性型脱毛症を少しでも改善できるように情報を発信していきたいと思います。

男性型脱毛症に悩む人たち

男性型脱毛症に悩む人は、1200万人以上と言われています。男性の約5人に1人が男性型脱毛症に悩んでいることになりますね。

たしかに自分の周りでも、20代の後半から一気に髪が抜ける人が増えました。自分を含め30代男性の大半は髪について悩んでいる、もしくは気にしているというのは本当だと思います。

ですが、その中でもきちんとケアしている人は少数です。はげたくないし、関心もあるけど、本気で治療なり、ケアをする人はまだまだ少ないのが現状です。

男性型脱毛症とは病気なのか?

男性型脱毛症は、進行する脱毛の症状です。進行する脱毛症は、老化によるものと男性型脱毛症の二つがあります。

それでは、男性型脱毛症と老化による脱毛の違いは何なのか?本で読んでみましたが、違いはまったく理解できませんでした(笑)私の中では一緒のものと理解しています。人によって老化のスピードが違いますし、定義が難しいのだと思います。

大切なのは、いかにして抜け毛を予防し、発毛へ促すかということでしょう。

まずは日常生活の見直しを

脱毛は、遺伝、日常生活、ストレスなど複合的な要素によって進行します。ですので、まずは普段の生活を見直すことを考えたほうがいいですね。

とくにストレス、喫煙、飲酒は、頭皮に悪い影響を与えるのは明らかなので、思い当たる節がある方は改善しましょう。当たり前のことですが、皆さんやりません。それだけタバコをやめたり、お酒を控えたりするのは難しいんですね。

ですので、ストレス発散することから始めましょう。ストレス発散のために、お酒を飲みすぎるのは止めましょう(笑)

悩む前に相談しましょう。

男性型脱毛症に悩む人は、専門家による治療による成功事例が数多く見られます。

悩んでいるのはストレスになりますので、まずは行動を起こしましょう。ネットサーフィンをして情報収集することだって行動の一つです。情報に惑わされるのは問題ですが、中には有益な情報が存在します。自分にできることからはじめてみましょう。

このページの先頭へ

イメージ画像